編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

アーカイバ

用語の解説

アーカイバとは

(archiver)
アーカイバとは、いくつものファイルをひとつにまとめたり、ひとつにまとめられたファイルから、元のファイルを取り出す際に用いるソフトウェアのことである。
記憶容量を節約する点、ネットワークを通じた送受信の負荷を軽減すること、および、転送時間を短縮すること、加えて、ディスク管理をスムーズに行えることなどがアーカイバを用いるメリットとしてあげられる。 通常、WindowsではWinZipやLHAなどが用いられることが多い。 また、Mac OSではStuffItが、UNIX系OSではTAR(tape archiver)なども使用される。 なお、最近では、ファイルをまとめるだけでなく、ファイルの圧縮と展開(解凍)機能を持つソフトウェア(圧縮アーカイバ)も増えており、一般的には、これらの圧縮アーカイバなどを併せて、圧縮解凍ツールなどと呼ばれることもある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]