編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ホイールマウス

用語の解説

ホイールマウスとは

(wheel mouse)
ホイールマウスとは、マウスの中でも、2つのボタンの間に回転する円盤上の装置(ホイール)を搭載したマウスのことである。
Microsoftの「インテリマウス」において初めて搭載された。 ホイールは前後に回転させることが可能で、指で回すことによってウィンドウ中の画面スクロールを中心とした複数の操作を行うことができる。 ホイールマウスが登場する以前は、ウィンドウをスクロールするにはスクロールバーをドラッグするかカーソルキーを押し続けるという方法がとられていたが、ホイールによって、マウスや手をほとんど動かすことなくスクロール操作を行うことが可能になった。 アプリケーションによっては、Ctrlキーとの併用で画面サイズを拡大縮小したり、あるいはマウスの右クリックとの併用でタブを切り替えたりといった操作が用意されている場合が多い。 ホイールマウスによって操作性は目覚しく向上し、現在ではマウスを販売しているほとんど全ての企業でホイールマウスが採用されている。 最近では、「回転」だけでなく「傾け」の操作にも対応する「チルトホイール」を搭載したマウスも増えてきている。 チルトホイールは、左右に傾斜させることによってドラッグ状態にする機能を持つ。 これを用いることによって、ボタンを押し続けなくても縦スクロールや横スクロールを行うことができる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]