GALAXY Tab

用語の解説

GALAXY Tabとは

(ギャラクシータブ)
GALAXY Tabとは、サムスン電子が製造し、日本ではNTTドコモから発売される、タブレット型のスマートフォンの名称である。
GALAXY Tabは、7インチ(1024×600ドット)のマルチタッチ対応ディスプレイを搭載し、本体の前面と背面にメガピクセル(3.2メガ、1.3メガ)のデジタルカメラを搭載している。 本体は厚みが約12.1mm、重量約382gと、片手で持ち運びやすい薄さ、軽量さを実現している。 16GBのメモリが内蔵されている他、32GBのmicroSDHCを挿して利用することができる。 OSにはAndroid 2.2が採用されている。 Flashの再生、PDFの閲覧などに対応している他、サムスン電子が運営するコンテンツ配信チャネル「SAMSUNG Apps」からアプリケーションのダウンロードすることができる。 また、待受画面でmixiやTwitterを確認できる「SNS browser」、Evernoteのアプリケーションをダウンロードするためにのダウンローダーがプリインストールされている。 薄さが際立つ GALAXY Tabは、2010年10月5日にスマートフォン「GALAXY S」と共に発表された。 発売日は2010年11月下旬と案内され、同時に予約受付が開始されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]