G-XML

用語の解説

G-XMLとは

(ジーエックスエムエル,)
G-XMLとは、日本情報処理開発協会(旧・データベース振興センター)を中心として仕様策定が進められている、地理情報システム(GIS)に特化したXMLベースの言語仕様のことである。
G-XMLを利用することで、地形や地図などの地理情報を統一的記述によって表現することができる。 QG-XMLは2001年に日本工業規格(JIS)によって規格化されている。 G-XMLと同様に、XMLを用いてGIS情報を記述できる仕様として、OGCが策定しているGMLがある。 GMLはISO(国際標準規格)におちえ標準化されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

CNET Japan

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]