編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

VxD

用語の解説

VxDとは

(ブイエックスディー,仮想デバイスドライバー,)
VxDとは、Windows 95、Windows 98、ないしはWindows 3.1で用いられる、CPUの支配権を有するプログラムであるデバイスドライバーの総称である。
あるアプリケーションなどがハードウェアを占有しようとすると、VxDがその命令を奪い返して、複数の命令が重なっても不都合なく実行できるようにする。 この仮想的なデバイスの占有によって、複数のアプリケーションで1つのデバイスを共有することが可能となっている。 基本的に名称はVirtual Device Driverであるが、「Device」の箇所にそれぞれ組み込まれる対象となるハードウェアが入るため、仮の値として変数「x」が充てられている。 例えば、VxDがプリンター(Printer)に組み込まれるならば「VPD」となり、あるいはディスプレイ(Display)に組み込まれるならは「VDD」となる。 ちなみにVxDのプログラムファイルには、Windows 95やWindows 98では「.VXD」という拡張子が付き、Windows 3.1では「.386」という拡張子が付く。 また、VxDはIntelの32ビットマイクロプロセッサに特有の機能が用いられているため、32ビットデバイスドライバーと呼ばれることもある。 たいへん重要なプログラムであるが、それだけにVxDに不都合があればシステム全体に支障をきたしてしまうので、VxDの開発には非常に高度な技術が要求される。 MicrosoftはWindows NTではWDMと呼ばれるデバイスドライバーを装備したため、Windows 2000からはVxDのサポートも取りやめられた。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]