編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WAVEファイル

用語の解説

WAVEファイルとは

(ウェーブファイル,ワブファイル,wave file,)
WAVEファイルとは、Windowsで標準的に使われる音声データのファイル形式である。
WAVEファイルは、画像や音声などのマルチメディアデータを1つのファイルに格納するための共通フォーマットであるRIFFフォーマットの1つで、拡張子は「.wav」である。 WAVEファイルでは、複数の音が作る1つの波形をそのままの状態でデータにしているため、スピーカーの差こそあれ、基本的には同じような音で聞くことができる。 サンプリング周波数(音の波形の細かさ)とビット数(データを何ビットで表現するか)により音質やデータ容量が変わる。 通常は、リニアPCMというデータに一切手を加えない方式に対応している。 音楽CDもリニアPCMを利用している。 Windowsの起動時や警告、終了時などの音声も、WAVEファイルとして保存されている。 Mac OSで再生する場合は、Macromedia SoundEdit16のようなソフトウェアが必要となる。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]