編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WEPOS

用語の解説

WEPOSとは

(ウイポス,)
WEPOSとは、MicrosoftのWindows系OSの一種で、POSシステム(販売時点管理)端末用に特化した組み込み用OSのことである。
2005年2月に発表された。 WEPOSはWindows XP Service Pack 2をベースとしたOSで、POS端末に組み込まれることが想定されて最適化された業務特化型のOSとなっている。 アプリケーション開発環境としてWin32 API互換のAPI群とMicrosoft.NET Frameworkを標準搭載しているおり、UnifiedPOSやOPOS、JavaPOSといったPOSシステムを構築するための言語規格を標準サポートしている。 また、プラグアンドプレイ(PnP)に対応することによってスキャナーやキャッシュドロワー、レシートプリンタのような小売業界向けの機器との接続を容易にしている。 CD-ROMからインストールする方法を採用していることでOSのイメージファイルを作成する必要が省かれ、導入や管理も用意である。 WEPOSはOSのために必要となるフットプリント(基板に対する物理的な占有面積)を最小限に抑えて省スペース化を図っているが、Windows XPをベースとしているため、Internet Explorer 6やWMT(Windows Media Tecnologies)の実装によるインターネットやマルチメディアに関する機能や、Windows Firewallをはじめとするセキュリティ機能なども使用することができる。 WEPOSは、小売店のPOS端末や銀行などのATM端末、あるいはセルフチェックアウトシステムなどに採用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]