編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

WMV

用語の解説

WMVとは

(ダブリューエムブイ,ウィンドウズメディアビデオ,)
WMVとは、Microsoftが開発した映像圧縮符号化方式(コーデック)の名称である。
WMVによって圧縮変換された音楽ファイルには「.wmv」の拡張子が付く。 WMVはWindowsをプラットフォームとするマルチメディア関連技術であるWMT(Windows Media Technologies)配信を構成する技術の一つとして発表された。 Windows Media Playerが標準対応しているため、Microsoftの音声コーデックであるWMTと共に一般的に用いられており、また、インターネットを通じた映像のストリーミング再生にも適した形式とされている。 WMVのバージョン9(WMV9)では、それまでのバージョン(WMV8)に比べて画質が数割程度向上し、ファイルの圧縮率も高まったとされている。 ファイルサイズはMPEG-4と比較するとおよそ半分程度になるという。 WMV9をベースとしたビデオコーデックの仕様は、米国映画テレビ技術者協会(SAMPTE)に提出され、VC-1の名称で規格化されている。 VC-1はBlu-ray Discなどの規格においても採用されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]