編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

WPF/E

用語の解説

WPF/Eとは

(ダブリューピーエフイー,)
WPF/Eとは、Microsoftが開発したマルチメディア再生機能である「Silverlight」の開発コード名である。
WPF/EはWindowsのユーザーインターフェース描画技術である「WPF」(Windows Presentation Foundation)を、どこでも(everywhere)行えるようにするものとして開発された。 プラグインの形式をとっており、複数のプラットフォームに対応した(クロスプラットフォームである)。 WPF/Eが「Silverlight」としてリリースされた時点では、OSがWindows Vista、Windows XP、Mac OS Xに対応し、またブラウザではInternet Explorer 6、Internet Explorer 7、Mozilla FirefoxとSafariに対応した。 WPF/Eを記述する言語としてはXAMLとJavaScriptが、メディア再生フォーマットにはWMV(Windows Media Video)が採用された。 そのためWMV形式をサポートしている多くのツールとの互換性も持っている。 なお、WPF/Eのような、ブラウザ上でマルチメディアコンテンツの再生を行うための技術としては、Flash(Macromedia Flash)などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]