編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Web 1.0

用語の解説

Web 1.0とは

(ウェブ1.0)
Web 1.0とは、Web 2.0の潮流が現れる以前からWeb上で提供されてきた、多分に前時代的な技術やサービス、ビジネスモデル、あるいは、Webに対する捉え方の総称である。
「Web 2.0」の語とともに登場した。 Web 1.0は、Web 2.0の登場によって暗に規定された概念であり、直接の定義のようなものはない。 また、Web 2.0の定義も曖昧であり、その上、Web 2.0とあからさまに断絶しているような要素があるわけでもない。 ただ、Web 2.0における顕著な特徴の指摘から、いくつかWeb 1.0の特徴を挙げることは可能である。 通常、Web 1.0的と言った場合、時期としてはおおむねインターネットが一般に普及し始めてからWeb 2.0が登場し始めるまでの間、すなわち1990年代半ばから2000年代半ばまでの期間を指していることが多い。 もちろん、Web 1.0的な要素を多分に備えたサービスやWebサイトでも、今なお成功している事例は多く、当時から現在に至るまで成長を続けている企業も多数存在する。 その意味で、Web 1.0を単なる旧弊であるということはできない。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]