編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Webアクセラレータ

用語の解説

Webアクセラレータとは

(ウェブアクセラレータ,web accelerator,)
Webアクセラレータとは、Webページへのアクセスを高速化するツールのことである。
Internet Accelerator、インターネットアクセラレータ、などと呼ばれることもある。 一般にアクセス数が多いWebサイトの場合、アクセスをするとページが重くて表示されるまでに時間がかかる。 これは特定のWebサイトへのトラフィック量がとても多いと、サーバへの負荷が増大し、そのためにユーザがブラウザを通じてそのWebサイトにアクセスした場合にデータを受信するまでに時間が掛かるためで、Webアクセラレータはこうした時間の短縮を図ることによって、素早くページが表示されるようにすることを目的としている。 Webアクセラレータを利用すると、Webサーバの処理能力や帯域幅によってかけられている制限を緩和することができるため、応答時間が短くてすむ。 具体的な仕組みとしては、一旦アクセスしたページのデータをWebアクセラレータがキャッシュとして保存しておき、二度目以降にユーザがアクセスをした場合には、クライアントPCからの要求がWebアクセラレータに保存されたキャッシュとWebサーバからのデータに振り分けられるようになっている。 また、Webアクセラレータの中には、単にデータをキャッシュしておくだけではなく、画像やテキストデータそのものを変換したり圧縮したりすることによって、応答時間の短縮を図るものものある。 Webアクセラレータとしては、Propel Softwareの「Propel Internet Accelerator」、フリーソフトの「Download Accelerator Plus」、などの他、Googleが出している「Google Web Accelerator」などがある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]