WebKit

用語の解説

WebKitとは

(ウェブキット)
WebKitとは、Apple Computer社によって開発されたシステムフレームワークの名称である。
WebKitはWebページの描画(レンダリング)やアプリケーションとしてのインターフェースを形成するためのフレームワークとして用いられている。 WebKitは、レンダリングエンジン「KHTML」を搭載しているMac OS X標準のWebブラウザ「Safari」をはじめとして、ダッシュボードやメール、RSSリーダーなど、Mac OS Xにおける様々なアプリケーションで採用されている。 2005年6月には、WebKitはオープンソースソフトウェア化され、「The WebKit Open Source Project」として自由に開発できるようになった。

用語解説出典   powered by. Weblio

PRSpecial

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

CNET Japan