編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows 95

用語の解説

Windows 95とは

(ウィンドウズキュウジュウゴ,Microsoft Windows 95 Operating System,Microsoft Windows 95,Win95,ウィンドウズ95,)
Windows 95とは、Microsoftが1995年に発売したオペレーティングシステム(OS)の名称である。
Windows 95の大きな特徴として、ユーザーインターフェースの刷新、32ビット環境の実現によるアプリケーションの高速化、プリエンプティブマルチタスクの実現によるシステムの安定性の向上、プラグアンドプレイの搭載による周辺機器の使い勝手の向上、といった点を挙げることができる。 これらの改善点は、PCの初心者がより容易に、気軽にPCを扱うことを可能にした。 なお、Windows 95におけるタスクバーやスタートメニューを中心とするGUIの構成は、後のWindowsにおいてスタンダードな型として採用されている。 Windows XPやWindows Vistaにおいても、クラシックスタイルとして用意されている。 前バージョンとなるWindows 3.1は、MS-DOSにファイル管理の一部を行わせる仕組みであったが、Windows 95は単体で動作し、MS-DOSを必要としなくなった。 Windows 95は、店頭販売される一般向けPCへのプリインストール販売などもあり、一般ユーザーを中心に爆発的に普及した。 Windows 95にあわせて発売された32ビット版のオフィススイート「Office 95」も人気を博した。 この後、後継バージョンWindows 98へと続く流れにおいて、WindowsはOSのシェア9割を占める事実上の標準(デファクトスタンダード)となる。 なお、2008年現在、MicrosoftによるWindows 95のサポートは終了している。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]