ユーザーストーリーとは?

アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する2つの文章からなっており、索引カードや付箋に書くことができる。ユーザーストーリーはソフトウェアのニーズや要望を伝えるために、ビジネスユーザーによって書かれる。ユーザーストーリーは簡潔なものであり、企業と開発チームの間のコミュニケーションとして、ユーザーストーリーを詳細に説明し、役に立つソフトウェアを開発するために使われる。Mike Corn氏は、ユーザーストーリーの文例として、「<役割>として、<ゴール/要望>が欲しい」という形式を挙げている。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

  6. 6 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  7. 7 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  8. 8 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  9. 9 IBM Think

    「Think 2018」は米IBMが2018年3月に米ラスベガスで開催した年次イベント。クラウドを中心とする「InterConnect」と、...(続きを読む)

  10. 10 アジャイル開発

    柔軟かつ俊敏にソフトウェアを開発する手法。2人1組でコードを書いていく「ペアプログラミング」、完成後のテストから手がける「テストファースト」...(続きを読む)

注目のキーワード

マッシュアップ
さまざまなソースのデータおよび/あるいは機能を組み合わせてウェブベースのアプリケーションを作り出...
続きを読む
ソーシャルエンタープライズ
ソーシャルメディアの特長や機能を企業の業務に活用する動き。大きくは、企業の外側にいる顧客に向けた...
続きを読む
クラウド指向アーキテクチャ(Cloud Oriented Architecture:COA)
クラウド内でアプリケーションがサービスとして動作し、クラウド環境内の他のアプリケーションに該当サ...
続きを読む
ポストPC
これまで企業内の情報システムの端末はPCがメインだったが、PC以外の端末が多様化している状況を指す。W...
続きを読む
アメリカズカップ
世界最高峰の国際ヨットレースで「海のF1」とも呼ばれる。2016年には、その予選最終戦「ルイヴィトン・...
続きを読む

キーワード解説とは

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]