京セラコミュニケーションシステム、 ポリシーエンフォースメントを実現する 統合型セキュリティアプライアンス 「Lockdown Enforcer」の日本語版を販売開始

京セラコミュニケーションシステム株式会社 2006年06月01日

京セラコミュニケーションシステム株式会社(本社:京都市伏見区 代表取締役社長 森田直行 以下KCCS TEL代表 075-623-0311)は、 Lockdown Networks,Inc.(本社:米国 CEO ブレット ヘルセル 以下Lockdown社)製の統合型セキュリティアプライアンス 「Lockdown Enforcer(ロックダウン エンフォーサ)」の日本語版を7月より販売開始致します。

複雑な社内ネットワークにどのようにセキュリティポリシーを実装するかという
「ポリシーエンフォースメント」の問題を解決するコンセプトとして、米国で今、
大変注目されているのがネットワークアクセスコントロール(以下NAC)です。
NACとはネットワークに接続しようとしている端末がセキュリティポリシーを遵守しているか否かによって接続を制御し、ネットワークを健全な状態に保つという
コンセプトです。このNACを適用することで、社内外からネットワークへの接続を試みる全ての端末に対しセキュリティポリシーの遵守を強制するため、遵守していない端末に対してはネットワークへの接続を拒否し、違反端末には隔離措置や組織内の情報へのアクセスを制限するなどの対策をとることができます。
これまでは、人手による対応が大部分を占め、コスト的問題から実現が難しかったセキュリティポリシーの実装がNACソリューションである「Lockdown Enforcer」の導入により自動化でき、低コストでの実現も可能となりました。

この度、KCCSが販売開始致します「Lockdown Enforcer」の日本語版は、
ネットワーク上の全てのIP機器に対するポリシーエンフォースメントを、NACを利用して実現する統合型のアプライアンス製品です。日本語に対応したことにより、情報システム部門・日本人技術者にとって非常に理解しやすくなり、作業効率アップやミスオペレーション排除などが期待されます。


■名 称 Lockdown Enforcer(ロックダウン エンフォーサ)日本語版
■税 抜 価 格 4,650,000円/1台
■販 売 目 標 約2億円/1年間
■販 売 開 始 日 7月中


 KCCSでは、企業におけるIT統制の実現を支援するトータルコンプライアンスソリューションを提供すると同時に、今後も「情報資産」「ユーザ情報」「ポリシー」の3つの観点から、アクセスコントロールとコンフィグレーションマネジメントを実現するためのセキュリティソリューションを強化して参ります。


≪Interop Tokyo 2006に出展≫
 KCCSは、2006年6月7日(水)~6月9日(金)、
幕張メッセ(千葉県千葉市)で開かれる「Interop Tokyo 2006」
(主催:Interop Tokyo 2006実行委員会)に出展致します。
 ブースでは、今回リリース致します統合型セキュリティアプライアンス
「Lockdown Enforcer」も出展し、日本語版のデモンストレーションを実施致します。同製品は「The Best of Show Award(ザ・ベストオブショウアワード)」に
ノミネートされています。また、会場内ネットワークインフラ「Show Net」にも導入し、監査機能と隔離機能を提供致します。

 尚、イベントの詳しい情報については
(リンク ») をご覧ください。

●Lockdown Networks社について

Lockdown Networks社は、ネットワークのパフォーマンスに影響を及ぼすことなく、ネットワークセキュリティを最強に高めるNACソリューションのリーディング・プロバイダです。Lockdown Networks社は、「リーダーシップ力・継続した成長性・製品のクオリティや安定性」などを評価され、米国Red Herring Magazine社主催の、「北米にて革新的なテクノロジーと優れたビジネスモデルを持つ企業100社」に入ると贈られるアワード「Red Herring 100 North America」を受賞しました。
Lockdown Networks社のNACは拡張性の高い製品群を有しています。企業におけるセキュリティポリシーの適用を行い、コンプライアンス遂行にかかるコストを削減、更にはネットワークのアップタイムと生産性を最大限に引き出します。また、全てのユーザとデバイスがセキュリティポリシーに準拠していることを確認し、認証されないユーザあるいはコンプライアンスを満たしていないデバイスは、ネットワークの外での検疫・治療処置に送り、適切と判断されたリソースにのみアクセスを許可します。
Lockdown Networks社の詳しい情報については (リンク ») をご覧下さい。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?