SNSの友人と「お金」をシェアする時代

飯田哲夫 (電通国際情報サービス) 2013年06月11日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 われわれがSNSで友人と共有するもの。それは、情報、体験、喜びや悲しみの感情、お祝いやちょっとした感謝の気持ちなど、全て無形のもので、そこに金銭的な価値は付与されていない。

 しかし、Puddleと呼ばれるスタートアップが提供するのは、SNSを通じて友人と「お金」をシェアする仕組みである。

Puddleの仕組み

 では、Puddleとは何か。Puddleは自らをこう定義している。

A puddle is like a small bank owned by you and your friends. You set the rules. (Puddleは、あなたとあなたの友人によって所有される小さな銀行みたいなもの。ルールは自分たちで決める)

 具体的には、自分の信頼する友人たちとお金を出し合って、そこから必要な資金を借りる仕組みである。つまり、銀行やカード会社などからお金を借りずに、自分の友人たちからお金を借りる、ある種のソーシャルレンディングである。実際の利用イメージはこんな感じだ(詳しくはこちらの記事を参照されたい)。

  1. Facebookアカウントを利用してPuddleに口座を開設し、お金を借りた場合の金利を設定する
  2. Facebookの友人を招待し、資金の拠出を求める
  3. 参加者は拠出された資金プールからお金を借り、定められた金利を付加して返済を行う
  4. 資金プールに残高がある限り、参加者は必要に応じて借りる、返済する、を繰り返すことができる。お金のやり取りはPayPalかデビットカードで行われ、拠出された資金はWells Fargo銀行で管理される

 参加者は、お金が必要な時には、金融機関が提供するローンよりも低い金利で借りることができて、お金が余っている時には、高い金利で運用することができる。また、信頼する友人同士の強いピアプレッシャーが掛かるので、返済が滞る可能性が極めて低くなると想定される。

 個人間の融資という意味ではProsperなどのソーシャルレンディングが想起されるが、これは一対多で不特定多数の人たちをつなぐ仕組みである。それに対し、Puddleは、Facebookでつながる特定の友人のみのグループを形成し、その中でお金を出し合い、必要な時にお金を借りる仕組みである。

Puddleの本質

 ある意味、これもシェアリングエコノミーである。カーシェアリングやAirBnBのように、使っていない時は他の人に貸せばいいという発想だ。こと、お金のことだから、知らない人ではなくて、知っている人同士のグループの中で貸し借りができれば、安心だ。

 わざわざ金融機関に高い金利を払ってお金を借りなくても、友人から余っているお金を借りればいい。金融機関にしてみれば、新たな代替サービスの登場ということになる。

 そして、F2F(Friend to Friend)とも呼ばれる、この仕組みは、個人が主役である。金融機関の元本保証型の運用商品とは異なって、信頼すべき友人が返済をやめてしまったら、その損失は資金を拠出した、その友人たちで被ることとなる。

 つまり、友人同士のピアプレッシャーがしっかりと機能することが重要なのである。個人が主役となるサービスは、個人が担う役割がしっかり担保されるよう設計することが、永続性を持つか否かの分かれ目である。

 日本の感覚だと、友人同士で金利を設定してお金のやり取りをするというのは、今一つピンと来ないが、契約社会の米国ではありなのかもしれない。また、Puddleは、途上国支援のマイクロファイナンスで有名なKivaの創業者によって立ち上げられたサービスである点も、何か期待させるものがある。

Keep up with ZDNet Japan
ZDNet JapanはFacebookページTwitterRSSNewsletter(メールマガジン)でも情報を配信しています。

飯田哲夫(Tetsuo Iida)

電通国際情報サービスにてビジネス企画を担当。1992年、東京大学文学部仏文科卒業後、不確かな世界を求めてIT業界へ。金融機関向けのITソリューションの開発・企画を担当。その後ロンドン勤務を経て、マンチェスター・ビジネス・スクールにて経営学修士(MBA)を取得。知る人ぞ知る現代美術の老舗、美学校にも在籍していた。報われることのない釣り師。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化