MSがセキュリティへの取り組みを顧客にアピール

日川佳三 2005年03月16日 20時39分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは3月16日、Windowsのセキュリティへの取り組みを顧客に説明するセミナー「SECURITY SUMMIT 2005」を開催した。Windows OSの開発行程でバグを抑えることに注力している点や、セキュリティアプリケーションを充実させている点を強くアピールした。

 同社はセキュリティ関連製品の取り組みに力を入れている。Windows ServerとActiveDirectoryを中核に、ログインIDを統合管理するIdentity Integration Server 2003や、危険なクライアントPCを検疫するファイアウォールソフトなどをラインアップしている。セミナーでは、今後出荷を予定するスパイウェア対策ソフトやウイルス/スパム対策ソフトにも触れた。

 スパイウェア対策ソフト「AntiSpyware beta」はベータ版ながら機能をデモンストレーションしてみせた。パソコンにインストールされたスパイウェアを探して削除する機能と、スパイウェアをインストールする時に警告を出して削除をうながす機能が主である。スパイウェア対策コミュニティのSpyNetと連携するソフトで、SpyNetのデータベースを利用するほか、スパイウェアらしい振る舞いをするソフトをSpyNetに通知する機能を備える。

 ユーザー事例の紹介もあった。Identity Integration Server 2003を導入した例として、読売新聞社東京本社の情報システム部門の担当者がビデオレターで事例を紹介した。同社は、ActiveDirectoryとIdentity Integration Serverを使い、ログインIDを管理するとともに各種の情報システムへのシングルサインオンを実現している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算