編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

Bagleの亜種出現--セキュリティ対策ソフトの停止を試みる

Dan Ilett(ZDNet UK)

2005-03-02 13:17

 ウイルス対策企業らが、「Bagle」ワームの新しい亜種が急速に感染を広げていると警告を発している。

 この亜種は「BagleDl-L」と呼ばれるトロイの木馬で、セキュリティ対策アプリケーションを停止させ、複数のウェブサイトへ接続を試みる。McAfeeによると、BagleDl-Lはスパムメールとして送信されており、過去12時間で何百万ものメールアドレスにばらまかれたという。McAfeeでは、BagleDl-Lの危険度評価を「中」に引き上げている。

 BagleDl-Lはセキュリティ対策アプリケーションを停止しようとするため、これに感染するとシステムはさまざまな脅威にさらされる。「トロイの木馬によってウイルス対策ソフトウェアやファイアウォールの機能が停止すると、旧型のウイルスの攻撃に対してですら、無防備な状態になる可能性がある」とSophosのシニア技術コンサルタントGraham Cluleyは声明の中で述べている。

 マスメール型ワームとは異なり、このトロイの木馬は自己増殖はしない。しかし、同ワームを含む電子メールが多数見つかったことから、F-SecureとSophosは警告を発することにした。

 ウイルス対策企業F-SecureおよびSophosの報告によると、BagleDl-Lが接続を試みるウェブサイトには現在のところ悪質なコードが含まれていないという。しかし、これらのウェブサイトは、騒ぎが収まった頃に書きかえられる可能性がある、とMcAfeeのウイルスリサーチマネージャCraig Schmugarは指摘する。

 このトロイの木馬は、ユーザーが、電子メールに添付されたZIPファイルを開いて、「doc_01.exe」もしくは「prs_03.exe」というプログラムを起動しない限り、コンピュータに感染しない。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]