シマンテックCEO:「マイクロソフトなんか怖くない」

Dawn Kawamoto (CNET News.com) 2005年02月16日 19時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Microsoftが米国時間15日にスパイウェア対策およびウイルス対策ソフトウェア市場参入について詳細を明らかにしたことを受け、Symantecは大きな売上を誇る一般ユーザー向けセキュリティ事業を守るための計画について、その概略を明らかにした。

 Symantec最高経営責任者(CEO)のJohn Thompsonは、当地で開催中のRSA Conference 2005で基調講演を行い、機能面における製品の差別化を図ることにより、Microsoftの挑戦を退けられると述べた。Microsoftに対しては、同社のオペレーティングシステムにバンドルされる製品が独占禁止法に抵触しないかどうかについて、規制当局が監視の目を光らせているが、Thompsonは規制当局をあてにするつもりはないと述べた。

 「Microsoftの独占について司法省に泣きつくつもりはない」とThompsonは述べ、さらに「それよりも、Microsoftと市場で戦いたい。彼らを打ち負かす自信がある」とした。

 Symantecが売上の半分を一般のPCユーザーや小さな企業向けのウイルス対策や他のセキュリティ対策ソフトの販売から上げている点を考慮すると、このビジネスを守れるかどうかは、同社にとって極めて重要な問題だ。

 Microsoftも同日、やはり同イベントにおいて、Windowsの正規ユーザーに対してスパイウェア対策ソフトを無償で提供することを明らかにした。同社はまた、Internet Explorer 7.0で、ブラウザベースのスパイウェア対策機能を強化する計画も発表した。同ブラウザは、一般向けのテスト版が今年夏までにリリースされる予定だ。

 Symantecは、第1四半期中にスパイウェア対策ソフトをリリースするとみられているが、このソフトウェアは有料で提供される。同製品の具体的な価格についてはまだ発表されていない。

 Symantecは、スパイウェアを検知するだけでなく、それを除去する機能も併せ持つソフトウェアなら、一般ユーザーもよろこんでお金を出すだろう、という見方をしている。

 SymantecはMicrosoftの挑戦に対抗できるとThompsonは自信を示したが、同時に、相手がどんな戦略を打ち出すのか、詳細はまだ分からないと述べた。

 「Microsoftが実際の製品を発表すれば、それがどんな機能を持つものなのかがわれわれにも分かるだろう」(Thompson)

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算