インテル、新ハイエンドプロセッサ「Xeon MP」シリーズをリリース

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年03月30日 12時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Intelは米国時間29日、新世代のXeonプロセッサをリリースしたが、これは64ビット機能に対応する同社初のハイエンドモデルで、大容量メモリを容易に利用できるようになっている。

 4プロセッサマシン向けに設計された新しい「Xeon MP」モデルには、Intelがこれまでデュアルプロセッササーバ用のXeon DPモデルにしか搭載していなかった64ビット拡張機能が搭載されている。Xeon MPには2つのタイプがあり、その1つは1Mバイトの高速キャッシュメモリを搭載した低価格の「Cranford」モデルで、もう1つは4Mもしくは8Mバイトのキャッシュを搭載する「Potomac」モデルとなっている。

 Intelは、x86サーバ市場をリードするHewlett-Packard(HP)や、ライバルのDell、IBM、Unisysといったトップサーバベンダーの幹部が参加して当地で開催中のイベントで、これらのプロセッサを公開した。同社はさらに、同チップと対になるE8500チップセット(開発コード名「Twin Castle」)も発売した。同チップセットはプロセッサとほかのシステムとをつなぐもので、メモリ、データ転送、I/Oの各機能が向上している。

 x86プロセッサに64ビット拡張機能を追加したのは、IntelのライバルにあたるAdvanced Micro Devices(AMD)が先駆けで、同社は4プロセッササーバ向けの64ビット対応モデルをすでに販売している。ところが、販売台数では、Intelの64ビットプロセッサを搭載するサーバが、デュアルプロセッサモデルしかないにもかかわらず、AMDチップ搭載サーバをすでに上回っている。

 AMDは2005年半ばに、シリコン1枚に2つの処理エンジンを搭載するデュアルコアプロセッサを投入し、再びIntelを一気に抜き去りたいと考えている。これに対し、Intelのデュアルコアプロセッサは、DPとMPの両モデルとも2006年初めに登場する予定だと、同社Server Platforms GroupのゼネラルマネジャーJeff Richardsonは述べている。

 調査会社Gartnerによると、2004年に61億ドル規模に達したx86サーバ市場では、現在開発競争が繰り広げられているという。Intelは、10年前にデュアルプロセッサマシン向けのPentium Proではじめてサーバ用チップを投入したが、それ以来この市場をほとんど独占してきた。IntelとAMDの両社は、Sun MicrosystemsのUltraSparcやIBMのPowerなど、ほかのプロセッサのシェアを奪って売上を伸ばしたいと考えている。

 Intel Digital Enterprise Groupのシニアバイスプレジデント、Pat Gelsingerは、29日に発表された新型サーバについて、2006年にデュアルコアプロセッサが登場した際には、そちらにアップグレードできるようになるはずだと述べた。 「来年の製品発売時には、デュアルコアを同じソケットに装着できるようにするつもりだ。顧客もそれを期待している」(Gelsinger)

 Xeon MPプロセッサの最上位モデルは、3.33GHzで動作し、8Mバイトのメモリキャッシュを搭載。価格は3692ドル(1000個出荷時)となっている。また若干動作速度の遅い3GHzモデルのほうは1980ドルになる。

 この価格は、Itaniumプロセッサの最上位モデルとあまり違わない。Itaniumの現行最上位モデル(9Mバイトのキャッシュ搭載)は4227ドルとなっている。

 また、3番目の「Potomac」モデルは4Mバイトのキャッシュを搭載し、動作速度は2.83GHzで、価格は1177ドルとなる。

 一方、同時に発売された「Cranford」モデルについては、どちらも1Mバイトのキャッシュを積んでおり、価格は3.66GHzが963ドル、また3.16GHzモデルのほうは722ドルとなっている。

 E8500チップセットの価格は225ドルで、フロントサイドバス(FSB)の数が2本になっている。これまでの製品ではFSBは1つだった。さらにFSBの動作速度も400MHzから667MHzになり、エラー修正機能も向上した。

 また、同チップセットは高速で消費電力の少ないDDR2 (double data rate 2)メモリーをサポートし、またPCIよりも高速なPCI Expressにも対応する。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをCNET Japanが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化