編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

アークン、他社セキュリティソフトと併用可能なスパイウェア対策ソフト

WebBCN (BCN)

2005-04-11 12:50

 セキュリティソフト開発・販売のアークン(渡部章社長)は4月8日、スパイウェア対策ソフト「SGアンチスパイ」を開発したと発表した。ソフト販売のジャングル(高田晃子社長)が販売元となり、コンシューマ向けに家電量販店やパソコンショップ、ソフト販売サイトで4月21日から販売開始する。価格は8190円(通常版)、他社製品からの乗り換え版が6090円。

 ジャングルの内田直人・企画マーケティング本部マネージャーは、「(スパイウェア対策ソフト市場での)シェア60%を確保したい」との抱負を語った。発売後1年間で10万ライセンスの販売を見込んでいる。

 「SGアンチスパイ」は、スパイウェアを中心に約14万種類の不正プログラムに対応するソフトで、コンピュータウイルスやワーム駆除も行える。他社製セキュリティソフトとの併用が可能で、シマンテックやトレンドマイクロなどのセキュリティソフトと一緒に使うことができるのが特徴。

 また、パソコン内にスパイウェアやアドウェア、ウイルスがあるかを検知・駆除できる「クイックスキャン」機能も搭載した。ウイルスとワーム駆除技術については、ウイルス対策ソフトメーカーのカスペルスキーラブスジャパンの技術を採用している。

 アークンの渡部社長は、「ウイルスだけでなく、スパイウェアやアドウェアなど、不正プログラム全体に対して対策を講じる必要がある。14万種類の不正プログラムに対応する技術は、『SGアンチスパイ』以外にない」との強みを述べた。

アークン
ジャングル
「SG アンチスパイ」(近日公開)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]