大日本印刷、ICカードなど、セキュリティ強化のための弱点診断

WebBCN (BCN) 2005年05月16日 10時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 大日本印刷(北島義俊社長)は、ネットワーク上での暗号化、電子署名、電子認証などのセキュリティシステムとして広く利用されているRSA公開鍵暗号システムにおいて、ごく稀に公開鍵から秘密鍵を容易に解読できてしまう鍵のペアが生成されてしまうことから、この脆弱性の有無を診断するシステムを業界にさきがけて開発した。公開鍵の脆弱性を事前に診断するサービスを6月1日から運用開始する。

 ネットワーク上での安全なデータのやり取りに欠かせない暗号化、電子署名、電子認証などのセキュリティ技術は、「暗号やデジタル署名のアルゴリズムが破られない」「暗号化や電子署名に用いる秘密鍵が安全に管理されている」という2つの前提のもとに成り立っている。RSA公開鍵暗号システムに代表される公開鍵暗号基盤は、「ふたつの巨大な素数をかけるのは容易であるが、その結果を元の素数に素因数分解することは困難」という性質に安全性の根拠を置き、各方面において使用されている。

 RSA暗号の公開鍵が素因数分解に対する脆弱性を内包することは指摘されていたが、この脆弱性が発現する確率が極めて小さいことから、この脆弱性に対して注意が払われることはなかった。今回同社は、生成した公開鍵がこの脆弱性をもっているかどうかを判別する方法を研究し、高速かつ簡単にチェックするシステムを開発したもの。

 現在、電子証明書を格納する媒体として、ICカードが使われるケースが増えている。同社では、自社ICカード発行受託ラインへの公開鍵脆弱性チェックシステムの組み込みを順次進めており、今後、脆弱性が確認された公開鍵は使用せず、安全性が確認された公開鍵のみを使用することにする方針。この結果、同社のICカード発行受託ラインで発行されたICカードは、公開鍵暗号基盤をより安全に、安心して利用できるICカードとなる。

大日本印刷

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算