編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

NEC、最新Xeon搭載の2ウェイサーバ「Express5800」4機種

ニューズフロント

2005-05-17 20:30

 NECは5月17日、動作周波数3.60GHzの64ビット インテルXeonプロセッサを2個搭載可能なラック型サーバ「Express5800/120Rh-2」「120Rf-1」、タワー型サーバ「120Lh」、ブレードサーバ「120Ba-4」の販売を開始した。

 これら4機種について、同社は「最新のEM64T対応プロセッサ、高速メモリ、プロセッサとメモリをつなぐバスの高速化により、基本性能を向上させた。インターネットシステムや統合型管理システムなど、高い性能と運用効率が求められる用途に最適だ」としている。

 プロセッサの2次キャッシュ容量は2MB。クロック周波数800MHzのフロントサイドバスに対応したチップセットを採用した。

 Express5800/120Rh-2、120Rf-1、120Lhは、DDR2-400メモリを最大16GBまで搭載できる。ラック型のExpress5800/120Rh-2と120Rf-1は、ウェブブラウザから遠隔制御するためのリモートマネジメントカードを標準実装する。冗長電源やファンが搭載可能なほか、低温化での起動トラブル防止、大量サーバの一斉起動による不安定化を防止するブート制御機能を搭載し、システムの信頼性を向上させた。

 120Ba-4は「サーバ統合用途に最適な高性能ブレードサーバ」という位置づけで、高さ4Uのブレード収納ユニットにサーバ本体を最大6台搭載できる。

 各機種の税別価格は以下の通り。いずれも5月20日に出荷を開始する。

・Express5800/120Rh-2:45万円から
・Express5800/120Rf-1:44万4000円から
・Express5800/120Lh:40万5000円から
・Express5800/120Ba-4:53万円から

 また、同社はこの発表と共に、サーバ本体5製品で最大26%の値下げ、増設プロセッサや増設メモリ、ハードディスクなどの主要オプション44製品で最大40%の値下げを実施した。

NECのプレスリリース

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]