日立、セキュリティPCの第2弾はブレードPCにデータを集約

別井貴志(編集部) 2005年05月23日 22時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所の情報・通信グループは5月23日、「セキュアクライアントソリューション」のラインナップを拡充したと発表した。

 2005年2月に発表した第1弾のソリューションでは、ハードディスクを搭載しない「セキュリティPC」と呼ばれる「FLORA Se210」をクライアント端末として、フラッシュメモリカードにセキュリティ機能を実装した標準規格Mc-EX規格のICカード認証装置「KeyMobile」、VPNソフトウェア、通信制御ソフトウェアなどで構成され、FLORA Se210とkeyMobileを通じた認証により、VPNを通じてオフィスのホストにリモートアクセスするかたちだった。ハードディスクを搭載しないので、セキュアPCを紛失・盗難しても、情報漏えいの心配がないほか、keyMobileによる認証でなりすましなどの不正アクセスも防げる。おもに、モバイルユーザーなど社外からのアクセスを対象にしたソリューションだ。

 セキュリティPCから社内の自席にあるPCへアクセスする「ポイント・ポイント型」と、サーバー上の仮想PCへアクセスする「センター型」の2タイプが用意された。

 これに対して、今回の第2弾では、データセンターに設置するクライアントブレードと呼ぶブレード型PC「FLORA bd100」を新たに開発し、6月3日に出荷する。ディスクを搭載しないセキュアPCにA4サイズのノート型「FLORA Se270」と液晶ディスプレイ一体型「FLORA Se310」も加えた。

 クライアントブレードは、ブレード1枚にインテルのCeleron M(1.4GHz)プロセッサ、512MBのメモリ、40GBの2.5インチハードディスク、OSはWindows XP Professional Blade PC Editionを搭載している。このクライアントブレードを使い、第1弾のポイント・ポイント型を発展させた「ポイント・ブレード型」の方式を加えた。

 社内のPCにあるデータをすべてブレードに移行、集約し、各ユーザーはセキュリティPCからデータセンターなどに設置したブレードにアクセスする。クライアントブレードは、3Uサイズに最大14枚のブレードを収容でき、1ユーザーが1ブレードを占有して利用する。38Uフルラック1台に最大112台のPCを集約できる。これにより、社内のセキュリティを確保できるほか、業務PCをクライアントブレードに集約して一元的に集中管理できる。

 このほか、セキュリティPCの周辺機器やオプションとして、静脈パターンの画像によって個人を識別する指静脈認証ソリューションや、グループウェアなどのソフトと連携し、画面上で電話発信操作が可能なIP電話も開発し、両方とも7月15日から提供する予定だ。。また、税別価格が6万円台のデスクトップ型セキュリティPC「Se330」と、指静脈認証を内蔵したSe210をそれぞれ10〜12月に出荷する予定だ。

 今回発表された各製品の出荷開始時期や価格などの詳細は、以下のとおり。なお、セキュリティPCの動作には本体の他に認証デバイスのKeyMobileと通信制御ソフトが別途必要だ。

【液晶一体型デスクトップ FLORA Se310】

FLORA Se310(右)と指静脈認証(左)

  • プロセッサ:インテル Celeron Dプロセッサ 2.40GHz
  • メモリ:256MB
  • ハードディスク:なし
  • 画面:15型TFTカラーXGA/17型TFTカラーSXGA
  • OS:Microsoft Windows XP Embedded
  • 重量:約10kg
  • 税抜き価格:12万4000円
  • 出荷開始:2005年7月15日

【A4ノート型 FLORA Se270】

FLORA Se270

  • プロセッサ:インテル Celeron Mプロセッサ 1.40GHz
  • メモリ:256MB
  • ハードディスク:なし
  • 画面:15型TFTカラーXGA
  • OS:Microsoft Windows XP Embedded
  • 重量:約3.3kg
  • 税抜き価格:12万9000円
  • 出荷開始:2005年8月9日

【クライアントブレード FLORA bd100 クライアントモジュール】

  • プロセッサ:インテル Celeron Mプロセッサ 1.40GHz
  • メモリ:512MB
  • ハードディスク:40GB
  • OS:Microsoft Windows XP Professional Blade PC Edition
  • 重量:約1.1kg
  • 税抜き価格:12万9500円
  • 出荷開始:2005年6月3日

【クライアントブレード FLORA bd100 ベースユニット】

  • ブレード搭載数:最大14枚
  • 外形寸法:426(W)×702(D)×128.8mm 3Uサイズ
  • 重量:シャーシのみ17.4kg、ブレードフル搭載時約34kg
  • 税抜き価格:20万円
  • 出荷開始:2005年6月3日

【セキュアクライアントソリューション ポイント・ブレード型】

  • 税抜き価格:個別見積もり。概算では100ユーザーあたりの最小構成で約3300万円から
  • 出荷開始:2005年6月3日

*参考価格:ポイント・ポイント型は100ユーザーで約1800万円から、センター型は同約3300万円から

クライアントブレード FLORA bd100 ベースユニット(左)と、クライアントモジュール(中)、2005年2月に発表されたFLORA Se210(右)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算