編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

日立、セキュリティPCの第2弾はブレードPCにデータを集約

別井貴志(編集部)

2005-05-23 22:30

 日立製作所の情報・通信グループは5月23日、「セキュアクライアントソリューション」のラインナップを拡充したと発表した。

 2005年2月に発表した第1弾のソリューションでは、ハードディスクを搭載しない「セキュリティPC」と呼ばれる「FLORA Se210」をクライアント端末として、フラッシュメモリカードにセキュリティ機能を実装した標準規格Mc-EX規格のICカード認証装置「KeyMobile」、VPNソフトウェア、通信制御ソフトウェアなどで構成され、FLORA Se210とkeyMobileを通じた認証により、VPNを通じてオフィスのホストにリモートアクセスするかたちだった。ハードディスクを搭載しないので、セキュアPCを紛失・盗難しても、情報漏えいの心配がないほか、keyMobileによる認証でなりすましなどの不正アクセスも防げる。おもに、モバイルユーザーなど社外からのアクセスを対象にしたソリューションだ。

 セキュリティPCから社内の自席にあるPCへアクセスする「ポイント・ポイント型」と、サーバー上の仮想PCへアクセスする「センター型」の2タイプが用意された。

 これに対して、今回の第2弾では、データセンターに設置するクライアントブレードと呼ぶブレード型PC「FLORA bd100」を新たに開発し、6月3日に出荷する。ディスクを搭載しないセキュアPCにA4サイズのノート型「FLORA Se270」と液晶ディスプレイ一体型「FLORA Se310」も加えた。

 クライアントブレードは、ブレード1枚にインテルのCeleron M(1.4GHz)プロセッサ、512MBのメモリ、40GBの2.5インチハードディスク、OSはWindows XP Professional Blade PC Editionを搭載している。このクライアントブレードを使い、第1弾のポイント・ポイント型を発展させた「ポイント・ブレード型」の方式を加えた。

 社内のPCにあるデータをすべてブレードに移行、集約し、各ユーザーはセキュリティPCからデータセンターなどに設置したブレードにアクセスする。クライアントブレードは、3Uサイズに最大14枚のブレードを収容でき、1ユーザーが1ブレードを占有して利用する。38Uフルラック1台に最大112台のPCを集約できる。これにより、社内のセキュリティを確保できるほか、業務PCをクライアントブレードに集約して一元的に集中管理できる。

 このほか、セキュリティPCの周辺機器やオプションとして、静脈パターンの画像によって個人を識別する指静脈認証ソリューションや、グループウェアなどのソフトと連携し、画面上で電話発信操作が可能なIP電話も開発し、両方とも7月15日から提供する予定だ。。また、税別価格が6万円台のデスクトップ型セキュリティPC「Se330」と、指静脈認証を内蔵したSe210をそれぞれ10〜12月に出荷する予定だ。

 今回発表された各製品の出荷開始時期や価格などの詳細は、以下のとおり。なお、セキュリティPCの動作には本体の他に認証デバイスのKeyMobileと通信制御ソフトが別途必要だ。

【液晶一体型デスクトップ FLORA Se310】

FLORA Se310(右)と指静脈認証(左)

  • プロセッサ:インテル Celeron Dプロセッサ 2.40GHz
  • メモリ:256MB
  • ハードディスク:なし
  • 画面:15型TFTカラーXGA/17型TFTカラーSXGA
  • OS:Microsoft Windows XP Embedded
  • 重量:約10kg
  • 税抜き価格:12万4000円
  • 出荷開始:2005年7月15日

【A4ノート型 FLORA Se270】

FLORA Se270

  • プロセッサ:インテル Celeron Mプロセッサ 1.40GHz
  • メモリ:256MB
  • ハードディスク:なし
  • 画面:15型TFTカラーXGA
  • OS:Microsoft Windows XP Embedded
  • 重量:約3.3kg
  • 税抜き価格:12万9000円
  • 出荷開始:2005年8月9日

【クライアントブレード FLORA bd100 クライアントモジュール】

  • プロセッサ:インテル Celeron Mプロセッサ 1.40GHz
  • メモリ:512MB
  • ハードディスク:40GB
  • OS:Microsoft Windows XP Professional Blade PC Edition
  • 重量:約1.1kg
  • 税抜き価格:12万9500円
  • 出荷開始:2005年6月3日

【クライアントブレード FLORA bd100 ベースユニット】

  • ブレード搭載数:最大14枚
  • 外形寸法:426(W)×702(D)×128.8mm 3Uサイズ
  • 重量:シャーシのみ17.4kg、ブレードフル搭載時約34kg
  • 税抜き価格:20万円
  • 出荷開始:2005年6月3日

【セキュアクライアントソリューション ポイント・ブレード型】

  • 税抜き価格:個別見積もり。概算では100ユーザーあたりの最小構成で約3300万円から
  • 出荷開始:2005年6月3日

*参考価格:ポイント・ポイント型は100ユーザーで約1800万円から、センター型は同約3300万円から

クライアントブレード FLORA bd100 ベースユニット(左)と、クライアントモジュール(中)、2005年2月に発表されたFLORA Se210(右)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]