編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

マイクロソフト、Longhornの開発者向けツールキットを公開

Martin LaMonica(CNET News.com)

2005-05-24 11:44

 Microsoftは米国時間23日、次期Windows「Longhorn」の開発者用ツールをリリースし、Longhornベータ版のリリースに向けて更に一歩近づいた。

 同社は、開発者がAvalonやIndigoを使ったアプリケーションを開発するためのツールキットを無償でダウンロードできるようにした。AvalonとIndigoは、LonghornでWindowsに追加される主要技術。Longhornのクライアントバージョンのベータ版は「今年夏」にリリースされる予定だと、MicrosoftのAri Bixhorn(Webサービス戦略担当主任プロダクトマネージャー)は述べている。また、Longhornの正式版は来年後半に登場すると見られている。

 「Beta 1 Release Candidate」と呼ばれるこのツールキットには、同社のデジタルIDシステム「InfoCard」や文書印刷フォーマット「Metro」用のツールも含まれている。

 Microsoftがこのキットをリリースした狙いは、プログラマにLonghornの仕組みを知ってもらい、Windows用の新しいアプリケーション開発を奨励することだ。Webサービスおよび通信用アーキテクチャのIndigoや、新グラフィック・プレゼンテーションエンジンのAvalon向けに作成されたプログラムは、現行のWindows XPとWindows Server 2003でも動作するようになる。AvalonとIndigoはLonghornの一部となるが、Longhorn出荷時にはWindows XPおよびWindows Server 2003用にも個別に提供される予定だ。またMetroもLonghorn以外のWindows向けに提供される可能性がある。

 InfoCardはユーザーが各ウェブサイトへのログインに使用するためのID情報を管理するシステムとなる。InfoCardは、Webサービスプロトコルを使用してID情報を記録し、サイトへのログイン時に自動的にその情報を挿入するものになると、MicrosoftのMichael Stephenson(Windows Servers部門製品管理ディレクター)は述べている。

 開発者は、Beta 1 Release Candidateで、文書/印刷用フォーマットシステムのMetroを利用できる。Metroでは、開発者が文書利用の規制にいわゆる「デジタル権利管理」(DRM)機能を組み込めるようになっている。

 Avalonプレゼンテーションシステムでは、開発者がビデオ操作を行いやすいよう改善が図られている、とBixhornは述べている。

 Indigoの最新アップデートでは、「ピアチャネル」と呼ばれる機能が盛り込まれた。これは、Indigoソフトウェアが動作している2つのマシン間で、PtoPによる通信ができるようにする機能。

 Microsoftは、Indigoの機能を強化し、同社の既存メッセージングシステム「MSMQ」とも連動するようにしている。Bixhornによると、IndigoはこれによりCOM+開発モデルを使って書かれたアプリケーションとトランザクションを共有できるようになるという。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]