編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

パワードコム、電力系光ファイバーを利用した法人向け接続サービスを追加

エースラッシュ

2005-05-25 19:46

 パワードコムは5月25日、法人向けインターネット接続サービス「Powered Internet」において、電力系各社が提供する光ファイバーをアクセス回線に利用した「Powered Internet FTTW(Fiber To The Workplace)」を追加し、5月30日より申込みの受付を開始すると発表した。

 電力系各社の光ファイバーを利用する場合、これまでは拠点地域ごとに提供事業者への申し込みが必要だった。これをサービスの申し込みから保守業務、料金請求までをパワードコムがとりまとめることで、一括して申し込めるようにした。対象となるのは関東や中部、関西、中国、四国、九州、沖縄の7地域。同社が一元的にサービスを提供することで、事務手続きが簡素化され、運用負担の軽減が可能になるとしている。

 また、NTTに依存しないインターネットVPNを構築しやすくなるため、BフレッツなどのNTT光アクセスと併用することで同一拠点でのアクセス回線の冗長化やリスク分散型ネットワーク構成が可能になる。

 帯域は100Mbpsのベストエフォート型、1個の固定IPアドレスを発行し、24時間356日の故障申告受付を行う。最低利用期間は1年で、初期費用が税別3万4800円、利用料金が月額2万8000円となっている。

パワードコム

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]