編集部からのお知らせ
テレワーク関連記事一覧はこちら
新着PDF:RPA導入企業、その後

マイクロソフト、IEの脆弱性回避ツールを公開

Dawn Kawamoto (CNET News.com)

2005-07-07 12:06

 Microsoftは、セキュリティアドバイザリサイトで、Internet Explorer(IE)に存在するセキュリティ上の脆弱性を回避するためのツールを公開した。ユーザーは、サイトから、Javaprxy.dll COMオブジェクトを無効化する同ツールをダウンロードすることができる。ただし、これはIEの脆弱性を根本的に解決するものではない。

 同ツールの対処する脆弱性が悪用されると、ブラウザが突然終了したり、任意のコードを起動してしまったりする可能性がある。この脆弱性の影響を受けるのは、Windows 2000のService Pack 1、3、4、ならびにWindows XPのService Pack 1および2上で動作するIE 6.0。Microsoftは現在、自動更新サービスを通じて同ツールを配布するための準備を進めている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]