編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit 2020」開催します!
新着記事まとめ:エッジコンピューティング

エアーが不正なSQLアクセスをブロックするゲートウェイ機器を出荷

日川佳三(編集部)

2005-07-07 19:04

 エアーは7月7日、不正なSQLアクセスを防止するゲートウェイ機器「SQL Guard V4.0J」を出荷した。開発会社は米Guardium。価格は標準機種「SQL Guard G3000」が546万円(税込)、信頼性を高めた機種「同G3000D」が819万円(税込)。

 SQL Guardは、SQLを用いるデータベース管理システム(データベース・サーバ)とデータベース・クライアントの間で発生するDBアクセスの中身を調べることで、DBサーバへの不正アクセスを防止するネットワーク機器である。

 従来版のV3.6Jはスイッチ機器のミラー・ポートからSQLアクセスを取得する検知システムであり、DBアクセスを直接防止することができなかった。新版ではDBサーバとDBクライアントのネットワーク経路の途中に設置する機種とすることで不正アクセスを防止するようにした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]