編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

日本SGI、スパコンのアーキテクチャを採用したLinuxエントリーサーバー

WebBCN (BCN)

2005-08-05 11:18

 日本SGI(和泉法夫社長)は、64ビットLinuxに対応するとともにIntel Itanium 2プロセッサを搭載したエントリーサーバー「SGI Altix 330」と、ワークグループ向けストレージ「SGI InfiniteStorage S330」を発売する。

 「Altix 330」は、高バンド幅のNUMAflex共有メモリアーキテクチャや双方向6.4GB/秒を実現するNUMAlinkインターコネクト、さらに高可用性のデータ管理機能など、SGIのスーパーコンピュータと同一のAltixシステムのアーキテクチャを採用。従来のAltixと同様に優れた柔軟性を備えつつ、単一の共有メモリシステムで最大16CPUまでの拡張性をもつ。

 一方、ワークグループ向けスケーラブル・ストレージ「InfiniteStorage S330」は、最新のファイバー・チャネルアーキテクチャに対応したコントローラに大容量SATAディスク・ドライブを搭載。最大485MB/秒の持続転送レートで、ビデオストリーミングや地震探査といった高バンド幅のアプリケーションなどに適している。

 同社では、この両製品を組み合わせることで、比較的小規模なハイパフォーマンスコンピューティングシステムや企業内の部門、またその拡張性能を引き出した大規模基幹システムへの適用まで、これまでの「Altixシリーズ」を導入していなかった需要を開拓していく計画。直接販売に加えてチャネル販売も行う。

 価格は、「Altix 330」が最小構成で191万5000円から。「InfiniteStorage S330」が同284万円から。さらに、同ストレージを「Altix 330」と統合して活用することで、システムのトータル価格を安く抑えることができる。

日本SGI

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]