編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

住商情報システム、4Uラックで1.5Tバイトを二重化できるWindows対応FTサーバ

ニューズフロント

2005-08-05 15:37

 住商情報システムは、Windowsフォールトトレラント(FT)サーバの新モデル「Marathon FTvirtual Server on IBM eServer xSeries Ver.6.11 4UFモデル」の販売を8月29日に開始する。価格はオープン。

 同サーバは、米Marathon TechnologiesのFTソフト「Marathon FTvirtual Server」と、日本アイ・ビー・エム(日本IBM)のサーバ「IBM eServer xSeries」を組み合わせたパッケージモデル。ハード故障時でもサービスを止めずに継続提供が可能。4Uサイズ(高さ約14.1cm)のラックマウント型筐体に1.5Tバイト相当のハードディスクを2組内蔵し、二重化できる。

 プロセッサは、動作周波数3.6GHzまたは3.0GHzのXeon。レベル2キャッシュの容量は2Mバイトで、従来モデルの2倍に増えた。ハードディスクのインターフェースはUltra320 SCSI。従来の36/73/146Gバイト品に加え、300Gバイト品も利用できる。OSはWindows Server 2003 SP1。

住商情報システムのプレスリリース(PDF形式)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]