HP、NonStopサーバへのLinux移植で複数の大学と協力へ

Stephen Shankland(CNET News.com) 2005年08月11日 12時47分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サンフランシスコ発--Hewlett-Packard(HP)は、同社のNonStopサーバ製品にLinuxを搭載する取り組みのなかで、複数の大学との共同作業を開始した。NonStopサーバは、使われるケースは非常に少ないものの、かなりのハイエンド用途を狙った製品である。

 NonStopサーバでは、4プロセッサのモジュールを内部で結合し、大規模なシステムを構成することが可能だ。同サーバは、Nasdaqの取引システムのような負荷の高いタスクを処理する目的で利用されている。現在、NonStopサーバは「NonStopカーネル」と呼ばれるOSを利用している。だが、HPは今年に入って、NonStopサーバにIntelのItaniumプロセッサを搭載し、同製品をメインストリームに近づける作業を開始した。

 現在HPは、このソフトウェアのメインストリーム化が可能かどうかを調べているところで、従来のNonStopカーネルと完全に入れ替えるかどうかについては確約していない。HPのオープンソース/Linux部門の責任者で、5月からはNonStopエンタープライズ部門の責任者も務めているMartin Finkは、米国時間9日に「LinuxLinuxWorld Conference and Expo」で行った講演のなかで、このLinuxに関する動きを発表した。

 「われわれは、NonStopサーバを世界各国の一流大学に寄贈していく。これらの大学の助けを借りることで、われわれはユーザーが毎日利用しているLinuxカーネルとLinuxのなかに、興味深い新機能を実現することができるだろう」(Fink)

 Linuxはすでに、HPのIntegrityシリーズを含む他の多くのItanium搭載サーバで動いている。

 HPはまた、200種類のオープンソースパケージをNonStop製品用に移植したことも発表した。Finkによれば、同社は今年末までに合わせて500種類のパッケージを移植するはずだという。

 Linuxとハイエンドサーバ製品の組み合わせに挑戦しているのはHPだけではない。IBMは何年も前から同社のメインフレーム「zSeries」へLinuxを移植する作業に取り組んでいる。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算