編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

AMD、ついに悲願達成か--ノートPCの大型納入案件が進行中

Michael Kanellos (CNET News.com)

2005-08-24 12:16

 サンフランシスコ発--Advanced Micro Device(AMD)にとって、フォーチュン500リストに名を連ねる大企業に自社製プロセッサ搭載PCを納入することは長年の目標だった。同社はまもなくこの目標を達成することになりそうだ。

 AMDのモバイルビジネス部門マーケティングマネージャBar Mahonyによると、現在、大企業2社が、AMDのTurionプロセッサを搭載するHewlett-Packard(HP)のノートPC「Compaq nx6125」の採用を検討しているという。

 「われわれはFortune 500クラスの複数の企業とノートPCの納入に関する交渉を進めている。この案件は、AMDチップを搭載したノートPCにとって重要な節目となる」(Mahony)

 AMDはまた、サーバ向けのOpteronチップを売り込み、これがライバルのIntelが提供するチップよりパフォーマンスが優れていることをアピールするための広告キャンペーンを開始する。

 今週は、プロセッサ関連のニュースを嫌というほど耳にすることになるだろう。Intelは、米国時間23日からサンフランシスコで開催中の「Intel Developer Conference」で、2006年後半に登場予定の新たなチップアーキテクチャーや、家電用チップの製品ラインを発表している。

 Intelのこのイベントに対抗して、AMDは近隣のホテルでスイートルームを貸し切って説明会を実施したり、Intelのイベントが開かれるMoscone Convention Centerの前で、通行人にAMDの資料を手渡す作戦に出ると予想される。

 AMDにとって、大規模な法人顧客の獲得は長年抱いてきた「かなわぬ夢」だった。AMDのチップは、これまでほとんどが一般ユーザー向けのコンピュータに採用されてきていた。2000年には、主要なPCメーカー各社との間で、法人向けのデスクトップにAthlonチップを採用させる契約を結ぶ寸前までいったこともあった。

 しかし、その後PC市場が大幅に縮小したことから、これらの契約は結ばれずに終わってしまったと、当時CEOだったJerry Sandersは明らかにしていた。

 その後2003年に発売されたサーバ用のOpteronチップは、法人顧客の間で広く受け入れられた。2005年第2四半期のx86サーバチップ市場におけるAMDのシェアは11.2%に達している。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]