編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

サイエンスパーク、「4thEye」向けストレージ付指紋認証デバイスを追加

WebBCN (BCN)

2005-09-01 11:43

 サイエンスパーク(小路幸市郎社長)は、ドライバベースの情報漏えい防止 ・監視システム「Driverware 4thEyeProfessional」の専用USBキー「forシリー ズ」にソニー製ストレージ付指紋認証デバイス「PUPPY」(FIU-810)を追加、 9月から販売開始する。

 「PUPPY」は、指紋認証、USBトークン、ストレージの3つの機能を一体化し た高機能認証デバイス。「4thEye Professional」は、2種類の専用USBキーか ら業務形態にあわせて選択していたが、同製品の追加で、より柔軟に業務形態 にあわせた情報漏えい対策が可能となった。

 「4thEye」を導入したシステム環境では、あらゆる外部ストレージへのデー タの持ち出しが不可能に防止されるが、「PUPPY」を利用することで、指紋認 証後、その「PUPPY」だけにデータの持ち出しが可能になる。指紋認証機能を 備えるため確実な本人認証が必要となり、万が一デバイスを紛失しても、指紋 認証によるユーザー認証機能によってデータの安全性を確保する。また、他の 「forシリーズ」とも併用して利用可能なため、業務上で取り扱う情報のセキ ュリティレベルに応じて、きめ細かい情報漏えい対策が実現できる。

 なお、提供に当たっては、「PUPPY」シリーズのセールスパートナーであり、 「4thEye」の販売パートナーでもある技研商事インターナショナル(本社・名 古屋市、小嶌智海社長)の協力を得た。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]