編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

NTTデータ経営研究所ほか、シンクライアント導入サービスを開始

エースラッシュ

2005-09-09 18:12

 NTTデータ経営研究所とハミングヘッズは9月9日、パソコンからの機密情報漏洩を防止するコンサルティング・サービス「シンクライアント化ソリューション」を開始した。

 アプリケーションやデータをサーバで一元管理し、コピーや印刷、メール送信などの情報漏洩につながる可能性のある機能の制限と操作ログの取得で情報漏洩を防止する。ユーザーごとに機能を制限し、ログを管理することで牽制効果もあり、誤操作や不正操作だけではなくウイルスやスパイウェアによる情報漏洩も防止できる。また、パソコンをシンクライアント化するため、パソコン本体の盗難や紛失があっても情報が漏洩することはない。

 独自の高速プロトコルにより、モバイルなどの通信環境が遅い環境でも導入が可能で、またソフトウェアベースでシンクライアント化を実現するため、既存パソコンの使用期間を拡大することができ買い換えコストが削減されるほか、パソコンの管理コストも削減できる。

 提供にあたっては、NTTデータ経営研究所がセキュリティ・ポリシーの策定やコンサルティングを担当し、ハミングヘッズが情報漏洩対策ソフトであるセキュリティプラットフォームの提供や導入およびサポートを担当する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]