編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

シスコ、マクロメディアと提携--自社ウェブ会議システムに「Breeze」を統合へ

Alorie Gilbert(CNET News.com)

2005-09-21 14:28

 Cisco Systemsは、中規模企業向けの新しいウェブ会議用プログラムの開発を進めているが、この取り組みの一環として、同社はこのほどMacromediaから技術のライセンス提供を受けることに合意した。

 Ciscoは米国時間20日、「MeetingPlace Express」と呼ばれるソフトウェアを2005年末までにリリースする計画を明らかにした。同社では、このソフトウェアを利用することで、通話やウェブ会議が可能になるとし、またこれにMacromediaのウェブ会議プログラム「Breeze」を組み込むことを明らかにした。

 Macromediaが約2年前に投入したBreezeは、「WebEx」やMicrosoftの「LiveMeeting」などのサービスと競合する製品で、Macromediaの「Flash」プレイヤーがインストールされているパソコンであれば、そのままウェブ会議を開始できるのが最大の特徴だ。Macromedia幹部によると、現在Flashはインターネットに接続されたコンピュータの95%以上にインストールされているという(Macromediaは、Adobe Systemsによる買収作業が進行中である)

 MeetingPlace Expressは、Ciscoの「MeetingPlace」をベースに開発された製品だ。MeetingPlaceのほうは、大規模企業向けに設計されたソフトウェアで、価格は約7万ドルからとなっている。それに対し、MeetingPlace Expressは、従業員数1500人未満の企業向けで、オンラインチャットとインターネット電話機能をサポートしている。

 MeetingPlace Expressを同時に使用できるユーザ数は120人だが、Ciscoでは、価格をまだ決定していないと、CiscoのTroy Trenchard(プロダクトマネージメント担当ディレクター)は述べる。

 なお、Ciscoは同日、従業員数20〜250人の企業向けに電話/ネットワーク機器も発表した。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]