編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

3つの自治体で最大100社程度に支援を実施--MSがベンチャー支援プログラムを拡大

エースラッシュ

2005-09-26 22:08

 マイクロソフトは9月26日、政府や自治体の公的なベンチャー育成制度と連携してITベンチャー企業の育成を支援する「マイクロソフト インキュベーションプログラム」を拡充するとともに、今年度の新規支援対象ベンチャー企業の公募を開始した。

 対象企業に対してソフトや技術サポート、トレーニングなどの無償提供やマーケティングの支援などをするもので、2003年10月に岐阜県で導入されたのを皮切りに10社のITベンチャー企業への支援を実施した実績がある。

 従来のプログラムでは、審査によって選定された企業にのみ支援が実施されていた。しかし今年度からは、応募企業すべてに対して開発用/業務用ソフトや開発時の課題解決サポートなどを提供する「Microsoft Empower for ISV Initiative」を無償提供する。

 拡充は現在実施中の支援事業に9月から適用される。岐阜、北海道、千葉の3自治体合計で最大100社程度の応募企業に「Microsoft Empower for ISV Initiative」が提供される見込みだ。ただし北海道は「支援事業」に選ばれなかった応募事業のうち「奨励事業」に認定されたベンチャー企業のみが対象になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]