編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

東芝、64ビット「XeonプロセッサMP」採用の4UラックマウントIAサーバー

WebBCN (BCN)

2005-11-10 10:30

 東芝(西田厚聰社長)は、「64ビット インテル Xeon プロセッサMP(3.33G Hz L3キャッシュ:8MB)」を採用した4UラックマウントIAサーバー「MAGNIA73 05R」を発売した。

 企業の情報システム部門やデータセンター向けとなるミッドレンジクラスの サーバーで、インテル・エクステンデッド・メモリー64テクノロジー(EM64T) に対応する。既存の32ビットソフトウェアとの互換性も維持しながら、必要に 応じて64ビットソフトウェアの運用が可能で、64ビット環境へもスムーズに移 行できる。また、メインメモリー、CPU、ハードディスク、電源をモジュール 化し、ケーブルレスで筐体の前面もしくは背面に配置することで、ラックから サーバー本体を引き出さずに各種パーツを増設、交換することができる。

 CPUは「64ビット インテルXeonプロセッサMP(3.33GHz、L3キャッシュ:8MB) 」を最大4つまで搭載可能。06年2月からは1つのCPU内に演算コアを2つ搭載し た「デュアルコア インテルXeonプロセッサ7040(3GHz、L3キャッシュ:2MB× 2)」を最大4つまで搭載可能となる予定。ECC付きDDR-2 400メモリーを最大実 装32GBに対応し、ミラーリングメモリー機能、メモリーRAID機能もサポートす る。256MBのキャッシュを持つRAIDコントローラを標準で搭載した。

 オプションでRAIDコントローラ「T250」を選択することもできる。ハードデ ィスクは300GB×5台(合計1.5TB)まで対応。PCI-Express、PCI、PCI-X合計9 のI/Oスロットがあり、拡張性も確保した。LANポートは1000BASE-T対応で2つ を標準装備、2つのLANポートでAFTとALBを構成することもできる。ハードディ スク、電源ユニット、冷却ファン、メインメモリー、LANの主要コンポーネン トは冗長構成が可能で、ハードディスク、電源ユニット、冷却ファン、メイン メモリー、PCIカードは稼動中の交換にも対応する。

 「Micorsoft Windows Server 2003」「同 x64 Edition」のインストールや 初期設定を、対話形式のGUI画面で行えるサーバー設定支援ソフト「SetupInst ructor」を標準装備し、スムーズなセットアップが可能。「同 x64 Edition」 対応のサーバー監視ソフト「HarnessEye/web」を標準装備、管理者のPCから監 視ができる。

 価格は、CPUにインテル Xeon プロセッサMP(3.33GHz)を2個搭載、メモリー (4GB)×1、HDD(73GB)×1という構成で428万4105円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]