編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

エフ・セキュア、ISP向けネットワーク不正使用防止アプライアンスを発表

WebBCN (BCN)

2005-12-06 11:52

 フィンランドのエフ・セキュアは、ISP向けにネットワークの不正使用を防止するアプライアンス製品「F−Secure Network Control」を発表した。日本での発売日は未定。

 スパム・ボットやゾンビによるサービス拒否攻撃など、ISPの帯域の輻そう、利益の損失、およびヘルプデスクの負荷となるゼロ・デイ攻撃の防止を目的としたもの。パターン認識技術と詳細なパケット検査を利用し、予期せぬ脅威に対抗する。

 また、セグメント技術のROMmon買収によって実現した新技術を搭載し、帯域の輻そうの原因となっているユーザーを、オンライン・スキャナを使用したウイルス削除とWindowsのアップデートを案内するWebページにリダイレクト。抽出したユーザーのコンピュータがネットワーク・トラフィック混乱の原因でなくなった時点で、インターネット・アクセスを自動的に回復させる。この際、ユーザーにセキュリティサービスの加入を提案するため、ISPはサービス加入による収益の増加も期待できる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]