ユニアデックス、IPインフラを基盤に企業内の情報を連携させるソフト

WebBCN (BCN)

2006-01-30 11:57

 日本ユニシスグループのユニアデックス(高橋勉社長)は、IPインフラを基盤とする各種コミュニケーションツールと企業内の情報を連携させるソフトウェアを発売した。さらに同ソフトを基盤に、各種ハードウェア、ソフトウェアを組み合わせたインフラの導入・構築・保守までを一貫して行うワンストップサービスを開始する。

 ソフトは、IP電話やメールなどのコミュニケーションツールと、企業で保有する電話帳、個人の知識やスキル、お知らせ、文書などの各種情報を企業ポータルで連携させることにより、社内イントラネットに散在する情報を連携させるもの。価格は、利用端末(接続クライアント)数によって異なるが、100クライアントの場合には182万7000円となっている。

 ポータルサーバーなどマイクロソフト製品を基盤に、シスコシステムズ(シスコ)のIPコミュニケーションズ製品と組み合わせる。業界標準プロダクトを組み合わせるため導入が容易で、環境が整っている場合には最短2日間程度で導入可能。

 必要な構成条件は、Microsoft Office SharePoint Portal Server、Microsoft Active Directory、Microsoft SQL Server、利用可能なコミュニケーションツールは、IP電話システム(Cisco IPテレフォニー)、インスタントメッセージング(Microsoft Office Live Communications Server)、電子メール(Microsoft Exchange Server)など。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]