編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

NTTコムウェア、指紋認証システムと個人情報保護対策ツールをセットで発売

目黒譲二

2006-02-09 21:34

 NTTコムウェアは2月9日、指紋センサーと指紋管理サーバを組み合わせた企業向け指紋認証ソリューション「e-UBF Small Office Kitプラス」に個人情報保護対策ツール「PRAS with e-UBF」を無償でセットし、15日より販売を開始すると発表した。標準価格は1セット75万6000円。

 e-UBFは、指表面の凹凸断面を数値化して高速認証する「周波数解析方式」を採用した企業向け指紋認証ソリューションだ。

 今回、無償でセット販売されるPRAS with e-UBFは、ヒューコムが開発する個人情報保護対策ツールで、企業が保有する個人情報の情報資産価値を算定する「情報価値算定」機能や、企業が保有する個人情報が適切なフェーズを経ているかを診断する「ライフサイクル診断」機能、個人情報の取扱状況や対策状況から発生しうるリスクを予測する「組織的対策診断」機能、発見されたリスクに対する適切な対応に関するアドバイスを受けることができる「アドバイザリ要求」機能を備える。

 NTTコムウェアは、e-UBF Small Office Kitプラスに、PRAS with e-UBFと、ヒューコムが発行する「個人情報保護法リファレンスガイド」を組み合わせて提供することで、e-UBF Small Office Kitプラスを導入した場合、どれだけのリスクが回避できたかを運用者自身が必要に応じて自己診断、分析し、対策の検討をできるという。さらに導入後、診断結果をもとにした運用アドバイスを提供し、e-UBF Small Office Kitプラスの運用を徹底できるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]