編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

バラクーダ、スパイウェア ファイアウォールに除去ツール追加

WebBCN (BCN)

2006-03-06 11:33

 バラクーダネットワークスジャパン(バラクーダ、ナイル・キング社長)は、「Barracuda Spyware Firewall」のバージョン2.0に、ActiveXコントロール「Barracuda Spyware Removal Tool」を実装すると発表した。

 「Barracuda Spyware Firewall」は、ゲートウェイで通信を監視し、有害ソフトの進入を拒否したり、感染したクライアントPCの識別と管理者への通知を行うファイアーウォール。一方、「Barracuda Spyware Removal Tool」は、クライアントPCの有害ソフトウェアを駆除できるツールで、これを実装することで、スパイウェアの検出、識別、拒否に加え、すでに感染しているクライアントPCから有害ソフトを除去することが可能になる。「Barracuda Spyware Firewall」のスパイウェアとウイルスの定義データベースは、1時間ごとにアップデートされており、最新の脅威にも対応する。

 価格は、「Model 210」(同時アクセス150ユーザー)が76万8000円、「Model 310」(同時アクセス300ユーザー)が126万1000円、「Model 410」(同時アクセス500ユーザー)が234万円、「Model 610」(同時アクセス1500ユーザー)が603万6000円、「Model 810」(同時アクセス3000ユーザー)が1164万2000円。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]