編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

山武、ブラウザで操作可能な大中規模建物向けセキュリティシステムを発売

ニューズフロント

2006-03-06 14:25

 山武は3月6日、大中規模建物向けセキュリティシステム「savic-netFXセキュリティ」の販売を開始した。価格は、30ゲート規模のシステムで1000万円となる。

 savic-netFXセキュリティは、建物管理システム「savic-netFX」用のセキュリティシステム。BACnetやLONといったオープンなネットワークに対応し、IPv6で通信が可能。ウェブインターフェースを採用していて、一般的なPCを管理端末として利用できる。ビル管理システムとの統合により、入退出の把握、照明の点灯および消灯、空調との連動制御を行うことも可能。また、10万人のユーザーを対象に、400日分の出入履歴を管理できる。

 山武では、大中規模建物を中心に販売活動を展開し、3年後に年間200システム、30億円の売り上げを目指す。savic-netFXセキュリティは、3月7日から10日に東京ビッグサイトで開催されるSECURITY SHOWに出展される予定だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]