編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

NEC、毎時1152Gバイトでのバックアップが可能な仮想テープライブラリ装置

ニューズフロント

2006-03-08 14:49

 NECは3月8日、企業向けサーバ「NX7700iシリーズ」用のバックアップ装置として、仮想テープライブラリ装置「iStorage T5100VT」と「iStorage T5150VT」の販売を開始した。税別価格はT5100VTが1200万円から、T5150VTが980万円から。いずれも3月10日に出荷を始める。

 仮想テープライブラリ装置は、ディスクアレイ装置をテープライブラリとして扱えるようにしたバックアップ機器であり、サーバ側からはテープライブラリ装置として認識される。そのため、既存のテープバックアップ用アプリケーションソフトを利用できる。データアクセスにかかる時間は、従来のテープライブラリが数十秒というオーダーであるのに対し、仮想テープライブラリ装置はハードディスクを利用することから1秒以下で済む。

 T5150VTは、データ転送速度が毎時最大1152Gバイト、記憶容量が最大16.8テラバイト。データ圧縮機構を搭載する上位モデルのT5100VTは、圧縮率が2倍の場合で、データ転送速度が毎時最大2304Gバイト、記憶容量が最大33.6テラバイトとなる。

 いずれも、記憶領域を論理的に分割し、最大8台分の仮想テープライブラリ装置として運用できる。バックアッププロセスを複数同時に実行することができ、柔軟なシステム構成が可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]