編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

NEC、毎時1152Gバイトでのバックアップが可能な仮想テープライブラリ装置

ニューズフロント

2006-03-08 14:49

 NECは3月8日、企業向けサーバ「NX7700iシリーズ」用のバックアップ装置として、仮想テープライブラリ装置「iStorage T5100VT」と「iStorage T5150VT」の販売を開始した。税別価格はT5100VTが1200万円から、T5150VTが980万円から。いずれも3月10日に出荷を始める。

 仮想テープライブラリ装置は、ディスクアレイ装置をテープライブラリとして扱えるようにしたバックアップ機器であり、サーバ側からはテープライブラリ装置として認識される。そのため、既存のテープバックアップ用アプリケーションソフトを利用できる。データアクセスにかかる時間は、従来のテープライブラリが数十秒というオーダーであるのに対し、仮想テープライブラリ装置はハードディスクを利用することから1秒以下で済む。

 T5150VTは、データ転送速度が毎時最大1152Gバイト、記憶容量が最大16.8テラバイト。データ圧縮機構を搭載する上位モデルのT5100VTは、圧縮率が2倍の場合で、データ転送速度が毎時最大2304Gバイト、記憶容量が最大33.6テラバイトとなる。

 いずれも、記憶領域を論理的に分割し、最大8台分の仮想テープライブラリ装置として運用できる。バックアッププロセスを複数同時に実行することができ、柔軟なシステム構成が可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]