編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

サン、記憶容量500Gバイトの企業向けテープ装置「StorageTek T10000」

ニューズフロント

2006-04-11 15:28

 サン・マイクロシステムズは4月11日、新型の企業向けテープ装置「Sun StorageTek T10000」を発表した。税別価格は800万円とする。

 Sun StorageTek T10000は、非圧縮時の最大データ容量が500Gバイト、最大スループットが毎秒120Mバイトあり、既存モデルの「T9940」に比べ、2倍以上の性能と容量を実現したという。また、チャンネルヘッド数を2倍の32チャンネルに増やしたことで、テープパス回数を減少させ、ドライブとメディアの磨耗を最小限に抑える。

 書き込んだデータの改ざんを防ぐWrite-Once-Read-Many(WORM)技術を搭載しており、VolSaleテープメディアを使用できる。そのため、サンは「企業や組織のコンプライアンス対策に容易に対応可能」としている。

 搭載可能なテープライブラリは、SL8500、PowderHorn 9310、L700e、L1400M、L180となる。対応インターフェースはFC-2Gbpsで、FICONおよびFC-4Gbpsへの対応も予定している。

 販売は、日本ストレージ・テクノロジーが行う。なお、米Sun Microsystemsによる米StorageTekの買収にともなうサンと日本ストレージ・テクノロジーの統合は、2006年中に実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]