編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本IBM、オープンメインフレームの新製品を発表

CNET Japan Staff

2006-04-27 18:12

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)は4月27日、プロセッサの処理能力規模を従来より細かく設定したオープンメインフレームの新製品「IBM System z9 Enterprise Class(IBM System z9 EC)」および「IBM System z9 Business Class(IBM System z9 BC)」を発表した。

 また同時に、同社が2006年1月に開発意向を表明したデーターベース処理専用プロセッサ「System z9 Integrated InformationProcessor(zIIP)」も正式発表した。同製品は、2006年5月26日に出荷が開始される予定。

 今回発表されたIBM System z9 ECは、ハイエンド機の「IBM System z9109」の名称を変更し、従来の約3分の1程度の処理能力規模しか必要としない企業のニーズにも対応できるように設計されている。また、ミッドレンジ機のIBM System z9 BCは、73種類の処理能力規模を選択でき、IBM System z9 ECへのアップグレードも可能だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]