NEC、NCQ対応SATA IIタイプのHDD内蔵1UサイズNAS装置「iStorage NS250」を発売

ニューズフロント

2006-05-30 17:52

 NECは5月30日、Native Command Queuing(NCQ)対応シリアルATA(SATA)IIアレイコントローラとハードディスク(HDD)を搭載するラック型NAS装置「iStorage NS250」の販売を開始した。NECでは「コストパフォーマンスが従来モデルに比べ最大2倍向上した」としている。税別価格は42万8000円から。6月12日に出荷を開始する。

 iStorage NS250は、標準で記憶容量500Gバイトまたは250GバイトのSATA II対応HDDを4台搭載し、RAID5構成とする。総記憶容量は、従来モデルの2倍に相当する2テラバイト。アレイコントローラはNCQに対応しており、I/O要求コマンドの並べ替えなどでアクセスを高速化できる。転送速度最大は3Gbpsあり、「データ入出力性能はSATA I構成の従来機と比較して最大1.6倍に向上し、1U省スペースNASとしては業界最高クラスの性能を実現した」(NEC)。

 プロセッサは、Pentium 4プロセッサー651(動作周波数3.40GHz)またはCeleron Dプロセッサー341(2.93GHz)。メモリは標準で512Mバイト搭載し、最大4Gバイトまで増設可能。OSは、ストレージ専用OSのWindows Storage Server 2003 R2を採用した。プロセッサとHDDの異なる2モデルを用意する。主な仕様と税別価格は以下のとおり。

  • Pentiumモデル
    プロセッサ:Pentium 4 651
    HDD:500Gバイト×4台
    価格:57万8000円
  • Celeronモデル
    プロセッサ:Celeron D 341
    HDD:250Gバイト×4台
    42万8000円

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]