編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

景気回復で中小企業のIT投資が拡大もコスト削減圧力で大企業の投資は鈍化--IDC調べ

CNET Japan Staff

2006-06-09 09:25

 IT専門調査会社のIDC Japanは6月8日、2005年下半期の各産業分野における企業規模別の国内IT投資動向と2006年〜2010年の予測を発表した。同調査によると、2005年の国内IT市場の従業員規模別IT投資シェアは、1000人未満の中規模・中小企業(SMB)が30.1%、1000人以上(大規模企業)が49.4%、営利企業以外(官公庁、教育機関、消費者)が20.5%となっている。

 IDCでは、2005年〜2010年までの年間平均成長率(CAGR: Compound Annual Growth Rate)が、1000人未満のSMBで5.1%となり、1000人以上の大企業の0.4%を大きく上回ると予測している。業種別では、製造、金融のSMBの成長率が高い。2010年のIT投資規模は、SMBが4兆5046億円、大規模企業が5兆9141億円、営利企業以外が2兆3608億円になる見込みだ。

 従業員数1〜99人の小規模企業では、これまで先送りされていたIT投資が急速に回復してきている。SMBの中でも、100〜499人の中規模企業では、旧来の汎用機やオフコンからオープン系への移行が進んでおり、500〜999人の中大規模企業では、企業価値増大を目指したコンプライアンス関連のIT投資が活発になっているもようだ。大企業では、製造業を中心にコスト削減の意向が強く、これがIT投資の伸びを抑制している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]