編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本HPとデータリンク、メインフレームからオープン環境への移行サービスで協業

ニューズフロント

2006-06-21 14:51

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)とデータリンクは6月21日、メインフレームシステムからオープンシステムへの移行にかかわる事業で協業すると発表した。

 両社は、メインフレームで構築された資産をJavaなどで利用可能とするため、移行作業に向けたシステム分析、計画立案、設計、システム構築サービスを共同提供していく。

 具体的には、日本HPがデータリンクのCOBOLプログラム分析ツール「ModernArch ReDocument」やCOBOLプログラム変換ツール「ModernArch ReArchitect」を利用し、各種サービスを提供する。一方、データリンクは、日本HPのUnix OS「HP-UX」をModernArchの第一優先推奨プラットフォームとして利用する。

 なお、日本HPはこうした取り組みを「メインフレーム・オルタナティブ(MFA)プログラム」と名付け、推進するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]