編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ガルフネット、二重のフィルタを使用する企業向け迷惑メール対策サービス

ニューズフロント

2006-06-30 18:37

 ガルフネットは6月30日、企業向けの迷惑メール対策サービス「Gulf スパムセキュリティーサービス」の提供を7月1日より開始すると発表した。

 Gulf スパムセキュリティーサービスは、企業が着信するメールをガルフネットのデータセンター内にある専用サーバーで一度受信し、常に更新される独自のブラックリストに照合して送信元を確認、該当ドメインからの迷惑メールを削除した上で企業の本来のメールサーバーに送信される。さらに、企業のメールサーバーでキーワードによる内容のチェックが行われ、第二の迷惑メールフィルタがかけられる。

 ガルフネットの検証では、迷惑メールの95%を削除できたとしている。また、残りの5%についても分析を行い、フィルタリング機能の向上につなげていく。企業ではこのサービスの導入により、社内メールサーバーの負担を軽減できる。利用料金は、初期費用が2000円、月額利用料が200円(ともに1ユーザーあたり)で1年間利用でき、次年度の更新料は1ユーザーあたり800円となる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]