編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

SBIベリトランス、法人内個人向け電子証明書「ベリサインClass2スタンダード」

ニューズフロント

2006-07-10 23:07

 SBIベリトランスは7月10日、日本ベリサインの企業および組織向け個人用電子証明書「ベリサイン個人用電子証明書Class2スタンダード」の販売を開始した。証明書の有効期間は2年間で、税込み価格は1万2600円。ただし、2006年9月29日までに限り、1万1970円で提供する。

 Class2スタンダードは、組織内の個人を認証するための電子証明書サービスだ。国内で法人登記している組織に属する個人であれば、誰でも利用できる。電子メールの電子署名や暗号化、電子文書の電子署名、ネットワークに対するアクセス認証などの機能を提供する。

 帝国データバンクの発行するTDB企業コードを電子証明書に格納しているため、所属する組織を電子証明書から容易に特定できる。SBIベリトランスでは、「社内業務のセキュリティレベルを向上させ、インターネット上のさまざまな脅威からユーザーを保護することが可能となる」としている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]